アクセスカウンタ

『名曲百選』

プロフィール

ブログ名
『名曲百選』
ブログ紹介
私の耳を養い育んで呉れた
あの歌・この歌・・

そんな歌の数々を自ら歌うことにしました。

(願わくばヘッドホーン装着の上聴いて下さいませ。)


今、流行りのツイッターもやっております (笑)

http://twitter.com/hirosikun127

 

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
朗読 『僕は唱歌が下手でした』
朗読 『僕は唱歌が下手でした』   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/31 00:15
朗読 『獄中より最後のお願い』 靖国神社発行、英霊の言乃葉より
朗読 『獄中より最後のお願い』 靖国神社発行、英霊の言乃葉より   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2013/01/22 09:51
朗読 『愛児への便り』
朗読 『愛児への便り』 1月10日、東京見物に於いて『靖国神社』をも参拝する、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/01/20 07:55
役萬「天和」
役萬「天和」 7月9日(月曜)いつものメンバーで雀卓を囲む 南の4局、私が荘家(親)の番だ・・14個の牌を並べつ〃、まず最初の棄て牌をと思うのだか、不要な棄て牌が見当たらない?? つまり既に和がっているのだ、これが麻雀競技に於いて33万分の1の確率とも言われる「天和」テンホーなのか・・・麻雀歴45年にして最初で最後の快挙であろう。 メンバーの1人の森川氏曰く、『実に良いものを見せて貰った・・」の言葉が今も私の耳に残る  3r  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/11 07:35
(425) 哀愁の街に霧が降る
(425) 哀愁の街に霧が降る ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/04 07:50
(424) 切手のないおくりもの
(424) 切手のないおくりもの 作詞 作曲 財津和夫 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/24 13:14
 (423) 君はマドロス海つばめ
 (423) 君はマドロス海つばめ 作詩 石本美由起  作曲 上原げんと 歌 美空ひばり 昭和29年 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 20

2011/06/01 15:40
(242) 鯉のぼり
   (242)   鯉のぼり   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2011/05/05 09:22
(241) 異国の丘
(241) 異国の丘 作詞:増田幸治 補作:佐伯孝夫  作曲:吉田正 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 11

2011/02/20 00:02
(240) 北帰行
(240) 北帰行 作詞 作曲 宇田 博 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2011/02/12 00:45
(239) 喫茶店の片隅で
(239) 喫茶店の片隅で ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 11

2011/02/06 14:20
(238) アニーローリー
(238) アニーローリー 訳詞 堀内敬三 作曲 スコット夫人 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/04 00:30
(237) 雪山讃歌
(237) 雪山讃歌 大好きだった「ダークダックス」のパクさんが亡くなられ、悲しんでいます。 マンガさんもご病気で、3人で活動されていたのに二人になり残念です。 それで、ダークダックスの曲でしたらなんでも構いませんので、 よろしくお願いします 2011年 1月12日 14時26分  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 19

2011/01/13 01:00
愚痴聞き地蔵
愚痴聞き地蔵 ワタシの店先には御覧の通り、一体の石仏が鎮座ましましている・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2010/10/13 12:40
(236)  星影さやかに (一日の終わりに)
(236)  星影さやかに  (一日の終わりに)  フランス民謡  作詞者 不詳 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2010/09/08 15:10
(235) 琵琶湖哀歌
(235) 琵琶湖哀歌 昭和16年4月6日、現金沢大学の前身である旧制第四高等学校のボート部員 11人が琵琶湖に於いて比良連峰より吹きつける強風(比良八荒)を受け遭難死す・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2010/05/12 11:01
(234) 奥入瀬
(234)  奥入瀬 作詞 北川文化 作曲 櫻庭伸幸 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2010/04/20 03:36
囲炉裏
囲炉裏 昨年末以来の薪ストーブを撤去し、同じ場所にかねてより製作しておいた囲炉裏を置いてみた、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2010/04/17 13:48
(233) 幸福を売る男
(233) 幸福を売る男 パリ・シャンゼリゼ通り ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2010/02/12 14:26
棄てる人在れば、拾う人在り
棄てる人在れば、拾う人在り 私の生業は建築現場の足場架けである、 時には家屋解体の現場に於いて埃除けの為、鋼管を組んでネットを張ったりもする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2010/02/10 02:46
煉瓦で囲む
煉瓦で囲む 薪ストーブの放熱よって起こり得るのが、近接する壁面の低温炭化火災である その低温炭化を防ぐ為に煉瓦を積みストーブの廻りを囲む事にした。 煉瓦を積むにあたってはシーズンオフには撤去出来る様にモルタルを使用せずに アングルの枠内に積み上げる工法とした、これなら枠を取り外して煉瓦を一ツづつ 取り除ける事が出来るからだ・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 15

2010/02/03 05:01
新年明けましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます 昨年暮れからの皆様のへの返コメもしない儘に更新しました御無礼をお許し下さいませ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2010/01/03 12:24
(231) 一月一日(いちがつ いちじつ)
(231)  一月一日(いちがつ いちじつ)     何となく今年は        よい事ある如し     元日の朝晴れて風なし ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/01 07:09
(230)  夢一夜
(230)  夢一夜 作詞  阿木 燿子 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2009/12/18 03:39
(229) わが人生に悔いはなし
(229) わが人生に悔いはなし 作詞 なかにし礼 作曲 加藤登紀子  歌  石原裕次郎 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/11/12 23:54
(228) ゴンドラの唄 森繁久弥逝く
(228) ゴンドラの唄 森繁久弥逝く 昭和四十年大晦日NHK紅白歌合戦に於いて森繁久弥が歌った「ゴンドラの唄」を 私は今以て忘れない・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 21

2009/11/11 01:13
(227) 大阪で生まれた女
(227) 大阪で生まれた女 BORO 作詞/作曲 昭和54年 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/11/07 00:40
(226) 酒と泪と男と女
(226) 酒と泪と男と女 河島英五作詞・作曲 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/10/31 02:12
(225) 月よりの使者
(225) 月よりの使者 作詩 佐伯孝夫  作曲 佐々木俊一 昭和24年 1 白樺ゆれる 高原に   りんどう咲いて 恋を知る   男の胸の 切なさを   啼け啼け 山鳩幾声も ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/10/27 01:31
(224) 女の階級
(224) 女の階級 作詩 村瀬まゆみ   作曲 古賀政男  歌  楠木繁夫 昭和11年 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2009/10/02 00:41
(223) 男の純情
(223) 男の純情 作詩 佐藤惣之助  作曲 古賀政男 昭和11年 1 男いのちの 純情は    燃えてかがやく 金の星    夜の都の 大空に    曇る涙を 誰が知ろ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 17

2009/09/24 03:26
(222) 蒲田行進曲
(222) 蒲田行進曲  作詞 Brain Hooker   訳詞 堀内敬三   作曲 Rudolf Friml   歌   川崎豊 曽我直子  昭和4年発売 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2009/09/09 02:15
(221) 男のブルース
(221) 男のブルース 作詩 藤間哲郎  作曲 山口俊郎 歌   三船 浩 昭和31年  1 ネオンは巷(まち)に まぶしかろうと   胸は谷間だ 風も吹く   男ならばと こらえちゃみたが   恋の痛手が 命とり ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/07 02:08
(220) 幸せはここに
(220) 幸せはここに 作詞、作曲 歌 大橋節夫 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/07 01:28
(219) 夜霧の第二国道
(219) 夜霧の第二国道                   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2009/09/07 01:03
(218) 霧子のタンゴ
(218) 霧子のタンゴ 作詞 作曲  吉田正  唄 フランク永井 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2009/08/29 07:50
(217) お使いは自転車に乗って
(217) お使いは自転車に乗って      ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/08/24 23:34
(216) 東京しぐれ
(216) 東京しぐれ     ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2009/08/21 13:46
(215) そこは青い空だった
(215) そこは青い空だった 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田 正  歌 吉永小百合 橋 幸夫 昭和39年発売 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2009/08/19 00:20
(214) 朝だ元気で
(214) 朝だ元気で   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2009/08/16 15:57
(213) 南国の夜
(213) 南国の夜 月は輝く南の 遥かなる夢の島よ 星は煌めき そよ風 囁く椰子の葉蔭に 麗しの星よ永遠に 輝けよ君の胸に 喜び尽きぬ常夏の 君知るや南の国 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/08/13 01:53
(212) 涙の渡り鳥
(212) 涙の渡り鳥                                  (大正時代の旅芸人) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/08/09 03:10
Sasahiro様には何と御礼を申してよいのやら・・
Sasahiro様には何と御礼を申してよいのやら・・ いやぁ!嬉しかったですねぇ・再びこうしてCDを作成して私の手許に 御送りして下さった事、心より御礼申し上げます。 パッケージの出来も良く大変気に入っております、 もう、もったいなくて姉にはやらん事に決めました・・(笑) 本当にいつも気を遣って下さいまして有難う御座います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 11

2009/08/08 01:43
(211) 麦と兵隊
(211) 麦と兵隊 作詩 藤田まさと  作曲 大村能章 昭和13年 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/08/06 02:08
(210) 長崎物語
(210) 長崎物語 作詩 梅木三郎  作曲 佐々木俊一 昭和13年    赤い花なら 曼珠沙華   阿蘭陀屋敷に 雨が降る   濡れて泣いてる じゃがたらお春   未練な出船の あゝ鐘が鳴る   ララ鐘が鳴る ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 17

2009/07/28 01:34
(209) 離別 イビヨル
(209) 離別 イビヨル 作詩作曲  吉屋 潤 昭和47年 1 時には思い出すでしょう   冷たい人だけど   あんなに愛した想い出を   忘れはしないでしょう   青い月を見上げ   一人過ごす夜は   誓った言葉を繰り返し   逢いたくなるでしょう   山越え遠くに 別れても   海の彼方遥か 離れても   時には思い出すでしょう   冷たい人だけど   あんなに愛した想い出を   忘れはしなしでしょう ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 18

2009/07/08 10:33
(208) サランエミロ(愛の迷路)
(208) サランエミロ(愛の迷路) 歌手:桂銀淑 作詞:池明吉・三佳令二 作曲:金熙甲 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 15

2009/07/06 23:54
(207) 潮騒のメロディー
(207) 潮騒のメロディー                             (たぬさん撮影) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 23

2009/06/28 04:49
(206) シャボン玉
(206) シャボン玉  野口雨情/中山晋平  大正11年発表 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 11

2009/06/24 01:14
(204) 旅の夜風 (205) 悲しき子守歌
(204) 旅の夜風 (205) 悲しき子守歌 作詩 西条八十  作曲 万城目 正 昭和14年 1 花も嵐も 踏み越えて   行くが男の 生きる道   泣いてくれるな ほろほろ鳥よ   月の比叡を 一人行く ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/23 01:07

続きを見る

トップへ

月別リンク

『名曲百選』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる